読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【BLUE TEAR'S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書のようなもの。

【ゴールデンなウィークのこと】

毎年、カレンダー通りの休みばかりだった今までなんですが、会社が吸収合併されまして、1、2日は仕事でしたけど、あとはちゃんとした連休でした。社会人になって初めてまともに休んだなって思いました。どこかへ出掛けるわけでもなく、ほぼ引きこもりでしたけれども。それでも結構充実してましたよ。

3日だけ、某所へお出掛けして、いつものメンバーで打ち上げして、楽しく時間を過ごしてきました。
1日には、KAT-TUNの上田くんの舞台『世界ロマンスオーケストラ』を観に行ってきました。
面白かった!まったく前情報も特になにもせず観に行ってきたので、フラットな状態で観れたのがよかったのか、最初から最後まで、笑わせて頂きました。
お話も良かったんですが、席がとても近かったので、ひたすら上田くんの腕の血管をみちゃうっていうね。
(顔をみなさいよ)
鍛えてる人の腕の血管いいんですよね。ぎゅって手に力入れたときの浮き上がり方が、キレイすぎて。なんとも言えない感情が…。
ジャニーズ事務所の方は、どうしてもテレビの中の人というイメージがありまして、とてもとても遠い存在だと思っているので、小さな会場で観れるなんてそんなない機会じゃないですか。一回だけでも観に行けて、良かったですよ。
舞台観に行くのもほぼ経験がない中、良いものみれて楽しい時間でした。いい血管だった(結局そこ)。
次は照史くんの舞台に1回だけでいいので、取れるといいなぁと思ってます。照史くんのモーツァルトすごく気になる!

長い休みは、お勉強大会が繰り広げられます。
前回のお正月休みは、カウコンでみたWESTさんたちが、気になりすぎて、一体ナニモノなんだと、持ってるドル誌を片っ端から掘り出してきて、名前を覚えるところから始まり、休みが終わる頃には、完全に落ちていたそんな人生でした。
例に漏れず、ゴールデンなウィークもひたすらWESTさんのお勉強。というか、主に流星くんの演技のお仕事について、お勉強してました。
なんだか、数奇な運命というか、デビュー後の流星くんの演技のお仕事6作品中、3作品をね(ようこそ、わが家へ、サムライせんせい、レンタル救世主)。流星くん目当てでなかったけれど、ただ面白そうという理由だけで録画していたものが、残ってまして、過去の自分へグッジョブを送りたい。
あ、でも初見のものも含めて、録画していたものも、オフショットがみたいが為に、BOXに手を出しそうだから、流星くんの演技のお仕事最高ですよ。
それぞれ、全然振り幅違う役どころなのも魅力的だった理由かもしれません。

ようこそ、わが家へは、放送当時1話をリアタイして、追いかけ回される相葉さんをみて、クライマックスを迎えてしまったせいで、その後まったく観ないまま放置しちゃったんですが、2年越しで一気にみて、なんであの時ちゃんと毎週正座してみなかったのか、ちょっと、後悔しました。
ハラハラしましたけれども、伏線の張り方が上手すぎて、犯人わからないように撹乱するの秀逸すぎました。あっちこっち同時に悪意にさらされるって、ホントに起こりそうだから、リアルに感じる。
お目当ての流星くんの仄暗い感じの演技がツボでした。
トーカー!?ですよ、ストーカー!!アイドルがそんなのやっちゃっていいの!!とわくわくさせて頂きまして、ちょいちょい悦子のごとく出てくるあの子にひたすら恋してました(ストーカーでも、超イイ!)。
結果、ストーカーではなく、とても良い人だった落ちがね。またやられた感満載でして。いい人と判明したあとのエンディングが、不穏な空気漂わせてたのから、笑顔に変わったのは、見逃してませんからね。なんていう素敵な演出なんだ。
辻本くんとななちゃんのスピンオフ欲しい。
辻本くんにけんたくんのこと、お兄さんって呼んで欲しい。
トーカーうんぬんのことと同時進行だったお父さんのお仕事のトラブル、シルビアちゃんと不正を暴いていくエピソードがとてもよくて、そこだけでも十分面白かったです。いい上司と部下の関係でした。
二郎さんの役も一癖も二癖もあって、毎回なにしてくれるんだろうってアドリブなのかそうではないのかギリギリのところの演技がツボでした。
流星くんの辻本くんの出番を待ちつつ、他のところも楽しんでいたので、なんでもっと早く…みなかったんだろう。まったくもって不思議である。
相葉さんもすごくいい演技してたなぁ。相葉さんが相葉さんらしくて、自然さがよかった。
天使と天使の共演おいしうございました。俺得にも程がある。

サムライせんせいは、放送当時リアタイ出来る日は必ずみるようにしてた程大好きな作品でした。神木隆之介くんのやる龍馬さんが、ツボでツボで。チャラく軽いイメージがぴったりだったんですよね。話も面白かったし、ちょいちょい入る小ネタも凝っていて、木村ひさし監督お得意の手前じゃなくて、後ろ(それも結構遠い)でわちゃわちゃしてる人たちが、面白いことしてたりするんですよね。流星くんも例に漏れず後ろでわちゃわちゃしてたのが、発見出来たので、おっけーおっけー!まさかまた見直すことになろうとは、誰が想像していただろう。
今みると、流星くん演じるとらのすけ役が、かわいくてかわいくてとりあえず、ゴロゴロ転がってしまうくらい(転がったまま帰ってこれない。沼が深かった)かわいいわけなんですよ。
4話の頑張るお話や6話の痛め付けられる身体張ったところとか、もう好きが止まらなくてですね。アホの子かわいい(/-\*)オフショット欲しいよ。
サムライせんせい、出番も多かったし、ビジュアルもまんま流星くんだし、なにゆえ、そこで嵌まらなかったのか、不思議です。ええ、本当に。好きな顔じゃないか。好みどストライクじゃないか。
ただ、その後、ゼウスのアーチェリーで流星くんかっこいいなぁ。発言してるので、前兆はあったんだ。
Ⅱ期やったりしないのかな。期待してる。テレビ朝日さん、ぜひともサムライせんせいの続きを!
レンタル救世主がまだみることが出来てないんですが、楽しみすぎて、次のご褒美システムにしようと思ってます。オフショット映像だけ先にみてしまったんですけど、流星くんとにかくかわいい、かっこいい。
本編見るの楽しみだなぁ。

そんなこんなで、流星くんに似合いそうなキャラを考えていたんですが、個人的にすごくみてみたいのが、BANANA FISHのアッシュ・リンクス。
外国人やないかい!っていう突っ込みは甘んじて受けよう。
流星くん、日本人離れしてるお顔立ちしてるから、全然日本人にこだわる必要ないんじゃないかって、ありじゃないかしら。と妄想繰り返してたら、たのしくなってきちゃいまして、英二は重岡くん一択かなと思ったんですが、淳太くんで想像したらなかなかどうして似合うじゃないかと、年齢差的なのと関係性的なイメージぴったり。ただ、重岡くんのやる英二もちょっとみてみたい。
他のキャラもWESTさんたちに当てはめてみたら面白そうだな。わくわく。そんなことしてたら、BANANA FISH読み返したくなってきてしまった。
派手なアクションしてほしいな。
似合うと思うんだけどな。ロマンだな。男くさいドラマいいんじゃないでしょうか?

おかしい、話反れてますね。
ゴールデンなウィークの話はいずこへ?
今日はこのあたりでお開き。