読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【BLUE TEAR'S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書のようなもの。

【T.M.Revolution/20160821at両国国技館+EDK~DA'sParty/20160902at豊洲ピット】

8月、9月、10月頭まで、イベントごとに走り回っていました。そうそう、こういうの久しぶりの感覚だな。
9/2はDA´s Partyに参加してきました。
対バンって、待ち時間が長いよね。
それと、一曲でも知ってる曲がないと、ノリについていけなかったりするよね。
そんなあるあるを感じながらみていました。それなりに楽しんでいたかな。
目的は黒田くん率いるABARAスペシャルゲスト。あとゆうなくんとかとても久しぶりに観れる人たち。
開演が6時半だってあったから、どうにか間に合うかなと思ってたら、オープニングアクトのMad´sさまに間に合わない案件が勃発。
遅刻して入った為に、さらについていけない雰囲気に飲まれる。
若いグループが多かったので、あともうちょい頑張ってというのがあって、というのも少し前に(8/21)、T.M.Revolutionのツアーに5年ぶりに参加していたのもあって、比べちゃったんですよね(比べちゃいけないキャリア)。5年のブランクで、行く前に、乗れるかな。振り大丈夫かなという不安を一気に吹き飛ばしてくれて、会場を西川さん色に染め上げていた。
節電ライブだったので、セットも至ってシンプルだったのに、まったくそれを感じさせないのは、西川さんの人を巻き込む特殊能力なのかなと思ったり。
いやもうホントに文句なくすごくて、語彙がどっか飛んでってしまうくらい、『すごい』の一言しか表せない。
会場の一体感もそう。あれは、まさに宗教レベル(そうだ、宗教だったと思い出す。)。
つい、身体が動いてしまうのって、すごいよね!
ゆるキャラのご協力の元(たぼくんのお友達がきてくれたよ☆)、会場ごと違うゆるキャラが紹介されてるのかな。
東京のどこだったかの商店街の(調べれば出てくると思う)ゆるキャラおしなりくん
男の子なのですが、まー西川さんいじるいじる。
ゲイ疑惑を散々にして、「違うよね。おしなりくん、男の子だもんね!」(だが、ゲイ発言連発)黒だとバンドメンバーと確認しあう西川さんは、相変わらずどSだなと思いました(笑)。
MCもやーこの人のMC力も強いなと感心しきりでしたし。なにを話していたのか、もはやおしなりくんゲイ疑惑しか記憶に残ってないぞ。でも面白かったんですってば!なにか記憶が戻り次第、プラスして書き込みします。期待しないでおいて。
ライブは、ホントにかっこよくて、西川さんの歌とバンメンの演奏だけで、惚れ惚れしてしまうくらいすごかったので、また機会があったら行きたいなぁ。

と、話がまったく反れてしまっている!
おかしい、DA´s Partyの話だったはずなのに。
そうそう、黒田くんはABARA名義の参加でありまして、そういえばバンドライブやアコライブは参加するけど、実はこれまでABARAに参加したことがないので、馴染みのない曲だったからか、3曲やってあっという間にいなくなってしまって、もう終わりなの?まだ動き足りないぞとなってました。
いや、うん。かっこよかったよ?ただ、曲数が足りない!!他のバンドあとプラス2曲くらいやっていたのでね。そう感じてしまったのかもしれません。次の大晦日はもう少し曲数やってくれるといいなとは思ってます。黒田ソロ名義だしね(まだ行けるのかわからないけど)。

そして、来ましたスペシャルゲストIceman
泣いた。とりあえず、泣いた。
なにが起こったのか、なにがくるのか、予測してたけど、予測通り越してしまって、ただただ、16年ぶりのIcemanは、16年経ってもかっこよくて、あの頃とまったく変わらなくて、かっこよくて(エンドレス)。

黒田くんも自分のゴーストと戦っていたとおっしゃっていたけど、それに勝って、またIcemanやりたいと提案してくれたのは、とても嬉しい。
黒田が自分で決めて、脱退して、なにか後ろめたい気持ちとかあったと思うし、結局なぜ?はこちらにはわからないから、黒田くんのゴーストは黒田くんにしか解決出来ない。ただ見守ることしか出来ない。
でもね。『観たい』気持ちはあったけど、黒田の脱退してから今までの活動は、とても楽しかったし、そこは黒田くん自身が楽しいと思うことに食いついてくれてたから、楽しくて当たり前だよね。
応援しようと思ったのは、黒田くんが歌うことを選んだからだからね。
懐かしむことはあっても、これまでにIcemanに戻って欲しいと思ったことは、ほとんどないよ。

ただ、今の黒田くんでIcemanやったら、最強にかっこいいんじゃないとは思ってたけど、贔屓目なしで半端なくかっこよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と終わりたかったんですが、

一言贅沢を言わせてもらうと、ジェネボブ……………。

はたと冷静になって考えて、ロスコンはわかるけど、なんでジェネボブやったんだろう?
黒田ファンだからかもしれませんが、ジェネボブね。サビを黒田くん歌わないじゃないですか。踊り子で巫女さんじゃないですか。
なんなら、CRAZY JETとかなら、まだわかる。もうそれこそDARK HALFとかさ。

あるだろ?

キレイニオワレナイキミトノレキシナラバ

誰が上手いことを言えと。

【NEWS/2016.4.9at静岡エコパアリーナ】

しばらくぶりの更新です。ブログタイトルもちゃんとしたものにしました。Ban's Tea Room改め、BLUE TEARSです。よろしくお願いします。そんなこんなで、今年の4月にNEWSの静岡公演に、良いご縁にめぐりあえまして、幸運にも入ることが出来たのですが、ずーっとツイッターでの呟きレポをまとめようと思っていたのに気付けば9月になってしまいました。8月の24時間テレビすら、なんも出来てない。ええ、そんな体たらくです。いつものことです。しばらくは時間がありそうなので、もうちょっとここを起動させたいなと思っています。希望(気弱)。

始めた時とは少し状況が変化しておりまして、NEWSさんに加え、KAT-TUNさんにも片足を突っ込みました。もうここ雑多になんでも語る場所でいいと思います。やっぱりもう少しせめて一か月に一回くらいは更新したいな…。前置き長くなりました。4月のエコパアリーナの呟きまとめです。時系列順ではなく思い出した順につらつら書きなぐっていたので、とてもわかりにくいかもしれません。ほぼ自分メモのような感じです。本来なら、ちゃんとまとめて書き起こしするべきなのでしょうが、参加時のテンションをそのままにしたいので、ほぼ直しはいれないで投稿します。あしからず。

また言葉は、こんな感じの話をしていたというニュアンスで受け取って頂けたら幸いです。では、短いですが。お進みください。

唐突に始まってます。


ある曲で歌詞間違えちゃった手越さんを気遣い声かけにいくシゲアキ。手越さんもかわいいの!かわいいの!!
きらんきらんの笑顔でおてて振る手越さんと同じ時代に生まれた奇跡。
MCで話題になってたさわやかハンバーグあったから、いこうと思ったら、すごく混んでた。
シゲアキ、捌けるとき手越さんの腰に当たり前のように手を添えてたね。寄り添ってたね!
お茶の葉ちゃちゃちゃって、かわいかった。それ最後シゲテゴでノリノリでやってから捌けたときにシゲが、てごさんの腰に手を添えてたよね。
エイプリルフールの仕返しを小山さんが手越さんのステージドリンクにする。小山さん、ステージドリンク持ちながらスタッフに酢ないですか?塩ないですか?と聞いて回っていた。
手越盛大にドリンク吹いちゃって、タオル持ってきて「なんで、自分のステージ俺拭いてるの」とぼやきながら小さく丸まってふきふき。

(´・Ш・)「小山さん、後の公演覚えてろよ(めっぽう低い声)」
小山「あとのステージに支障のないくらいに留めてください」

小山さんが手越さんのいたずらを甘んじて受け入れる態勢は出来ているようです。どんだけMなの小山慶一郎
ある曲で歌えなくなっちゃった手越さんへ、もっとちゃんとして!とシゲアキがぶつぶついう。でも実際間違えちゃったとき、シゲアキ近くにいて、なにか話にいって笑いあって楽しそうだったから、ドンマイって言ってたんでしょうね。言ってたんでしょうね!(大事なことなので二回)
ライブをカラオケかなんかと勘違いしてる?ともシゲアキ。でも小山さんが、(手越と)ここは楽しくなっちゃうからしょうがないと開き直る。
すごい面白い話シゲアキのソロについての弄りが、演出のネタバレになるので、丸っと書けない。そこ、ホントに楽しかったの。花粉の王子様。
寸劇もシゲアキがやたらと演技派で、小山さんが「演技上手いから!」ってべた褒め。
シゲアキが、「手越、俺知ってるんだからな。お前俺のソロ始まると放送事故?とかいってんだろ?(スタッフからのたれ込み)いろいろ聞いてるぞ」
(´・Ш・)「敵はすぐそばにいるんだな」
「(シゲソロ前の曲)から、捌けてるときに、あれ?なにか始まった??放送事???」というのを毎回やってるそうで。
(∵)「一回で飽きろよ」
メンタル強いコヤテゴとメンタル弱いシゲマス。
唐突にご飯なに食べる?って話を振る手越さん。れっつフリーダム。
そこででた、さわやかハンバーグ。
シゲの突っ込み炸裂なMC。シゲアキフル回転。
3人がボケって大変よね。
増田センパイ今日すごくいっぱいしゃべってた気がする。いつも聞き役になってるのに。
シゲアキイケメンだったなぁ。手越さん、二次元だったなぁ。ファンタジー過ぎたなぁ。カラコン入れてると、すごくファンタジー。
メンバーにもいじられてたの、あ!書けないとこ(^q^)

カラコン入れてるからキツネみたい!みてほらってどアップ写されたの。キレイすぎた。作り物みたいだった。ソロで、泣きそうな感じで歌う姿もキレイすぎて、どうしようかと思った!
花粉じゃねっつうの!のシゲアキ面白すぎた。
花粉じゃ、くしゃみばっかでて歌えないだろ?
ピョコピョコ飛び跳ねて、ノリノリで腰振る手越さんは最高にエロスでした。

今年はちゃんと全員トロッコで回ってきてくれたから、メンバー全員顔が確認できて、ホントにイケメンで参った。増田センパイ、Jrの手を握ったまま離さないときあって、意地悪してる!(にやにやって)
あとトロッコで回ってきたときも増田センパイ男子とハイタッチして、さらにそのあと顔芸して遊んでるときあった。
シゲアキも多分うちわに釣ってって書いてあったのか、釣ってる仕草してたり、シゲアキイケメンだったなぁ。
ヒカリノシズクで、シゲアキが眩しそうな表情だったり、自分のパートじゃないとこも歌ってたり、かっこよすぎて、やっぱ崩れ落ちた。
増田センパイ、出て来て鼻血ブーだったらしい。必死で吸ってたって、そしたらいつのまにか止まってた。
やー、まっすーすごいしゃべってたなぁ。4人の雰囲気またまたすごく良くなってんだもん。かわいい!
小山さんのソロも意外な衣装で、創作意欲掻き立てられるエロさだった。
それぞれ、ソロの個性光すぎて、いいわぁ。増田センパイのときずっと正面がこちら側で同行者さんがます担さんだったから、すごく喜んでて、かっこよかったね!なんてにこにこしてたよ。
シゲアキ反則だもの。あんなんされたら、惚れるもの。
静岡のみなさんのファンサしたときの反応が、はにかんでくれて、かわいい!なんて話を小山さんがしてた(こういう話をさらっとするからライブはデートだの、リア恋枠だのになる)。大阪だとちょっとちがうらしい。
自分じゃないメンバーのうちわを持ってる人と明らかに目が合ってるのに、ファンサしてもお、おう。みたいな反応だったりして、小山慶一郎、とにかく手をふり返して欲しいからどっか違う方向みてるとこにわざと視界に入るようにするらしい。手越さんもそういうとこあって、わざと視界に入る。
シゲマスは、すぐ心折れちゃうから、そういうことは出来ないし、なんなら自分のうちわ持ってる人のとこしかファンサ出来ないチキンっぷり。
コヤテゴっょぃ。
小山「だって、見に来てくれてるってことはメンバー全員見に来てくれてるってことでしょ?それって嬉しいことじゃない?」
増田「俺ら(シゲマス)がひどいみたいな状況になってる」
(´・Ш・)「ファンあるあるで、すごく怖い顔でみてる人がいて、え、あれ?楽しみにして見に来てくれてるんじゃないの??」←という言い方がすでにかわいかった。めっちゃかわいかった。
ます「すごく真剣に見すぎちゃって怖い顔になっちゃってるってのもあるからね」

そういう話の流れで、増田さんが手越さんに、シゲのことみてて!って寸劇始めたのなんでだっけ?双眼鏡で、覗く仕草する手越さん、シゲアキのことみーてーるーよー。
手越のファンは、手越しかみてないって小山さんの名言。
会場狭かったから、小山さんが後ろの方まではっきり、みえてるよ!っていったらオーディエンスの一人が、ホントに?って通る声がして、「聞こえてるし。びっくりしちゃった。友達かな?」
(´・Ш・)「小山さん、友達に思われがち。変ラボでもタメ口きかれてたじゃない。19歳でしょ?」
「小山、友達って。いやまあいいんですよ」
社交性おばけ、年下に友達認定されがち。
静岡では変ラボ流れてないらしく、時差ある?って。
(´・Ш・)「少年クラブみてくれた?あ、まだ流れてないや。ごめんごめん」で笑いを取ると、増田さんが「24時間テレビはみてくれた?」マダデス増田センパイ。
すでに収録終わってるから、いつなにが放送されたのか、わかんなくなっちゃうみたいで、彼らいままさに忙しいんだたなって、思った。
(∵)「静岡のひと、おれっちっていうよね!おれっちうちっち」
で、たまごっちみたいだねって、手越さん。さらに、小山さんも気に入ったらしく、ペンラメンバーに渡しながらはいこれ、~っちと言葉に全部付けて話す小山慶一郎

結局手越さんのカラコンの色が何色だったのかわからない。シルバー??
静岡の名産品の話をしてて、浜松餃子が全国一位って、シゲアキが去年は浜松が一位だったらしいというトリビア話したら、手越さんが宇都宮じゃないんだって返してて、そのときのびっくりした顔がかわいかった。
手越さん、すぐシゲさすが!っていうから、たまらん。

増田さんが、浜松餃子は東京にいったら浜松餃子じゃなくなっちゃうの?っていう疑問を投げ掛けてて、浜松で作るから浜松餃子で移動するごとに名前「厚木餃子とか?」って手越さん聞いてたら、シゲが、「東京で札幌ラーメン食べるだろ、変わらないよ!」って突っ込みいれると、メンバーからなるほどって
拍手喝采。手越さん、やっぱりシゲにさすがっていう。
これ、タメ旅の餃子回シゲみてたのかな。って思った。
ここはエコパ市?エコパ市エコパ?名産物の話の流れだったか、小山さんがそんなことをいいはじめて、ちょっとツボった。市街地からは離れているようだとメンバーも話していて、手越さんが、「途中から車できたから、わかんない」
まっすーが「静岡の名産は烏龍茶でしょ?」とぼけるとすかさずシゲが突っ込み。「お茶だよ!」足どんするとテゴマスがダチョウさんのネタのようにぴょこんとそこでジャンプ。小山さんが「野球が有名だよね」シゲ最初意味が通じてなかったようで「しらな…サッカーだよ!清水エスパルス!」
テゴマスぴょこん。

ます「シゲ今日すごい、全部突っ込んでくれる。いま、フル回転でしょ」

 

NEWSのMCとんでもなく面白いとおもうわけですが、なんならもう自分が参加出来たこの公演自分的神回だったと自負しております。ええ、超楽しかった。参加出来てよかった。一年越しのアリーナ公演だったので、大変満足して帰ってきました。来年も参加出来たらいいなあと思っている次第です。

 

【TVぴあのこと。】

今週発売号で、TVぴあが休刊をするということで、28年間お疲れ様でした。
NEWSが好きになる前から、テレビ誌の中でテレビ欄も見やすく、特集記事も好みで、学生の頃からの愛読書でありました。(買ったの全部取ってあったら、NEWSの記事も相当持っていただろうに、気づく前に処分しちゃってた。もったいないことをしてしまった)
約20年くらいはお世話になっていたのだと思うのですが、一番古い記憶がどこなのか、割りと曖昧です。
カラパレもいいお仕事してくれていて、感謝しかありません。
写真など、いいところチョイスしてくれてたりして、表3に素敵なグラビア載せてくれたり、毎回ゴロゴロが止まりませんでした。インタビューも面白かったです。
休刊してしまうのが、ホントに切ない、もったいない。
新聞を取ってないので、テレビの情報はほぼテレビ誌に頼ってます。ネットだけだと、不安だった部分を補ってくれていたのに、来週から、どのテレビ誌に頼ればいいのだ。困った。
早々に帰った来てくれたりしませんか?(無茶ぶりを!)
最終号のNEWSの記事の詰め合わせもまた秀逸で、愛ある記事になんだかホロリときました。
好きな雑誌がどんどん休刊していく。

切ない、ホントに切ない。

お写真また眺めておこう。

f:id:banchaya071111:20160128065232j:plain

これとか、相当好きでしたよ。カッコいい!

【グラスホッパー感想】

イケメンが好きである。

もうちょい言葉を足すと、あっさりした犬顔のイケメンが好きである。

例に漏れず、生田斗真の顔もまたかなり好きな顔である。

映画なんて、一年に一回行けばいい方なのだ。今年も去年のデビクロくん以来の再訪が、グラスホッパーだった。

目的は、もちろんスクリーンの中の生田斗真が見たかった。映画も面白そうだったし、これは行かねばならないと、なんとなく衝動めいた義務感に駆られたわけであります。

 

そして、観に行ってよかったと、思わずにはいられなかった。

 

とりあえず、いい映画だったと絶賛したい。

最初から最後まで、ハラハラとドキドキとスクリーンから目が離せなかった。この演出素敵すぎる。

 

でも待って、生田斗真、全然かっこよくない。

あんなにイケメンでスタイリッシュなのに、なぜあんなに平凡な人みたいなオーラになれるんだろう。

かっこよくないけど、なんかすごく好感が持てる。不思議とやっぱり目が離せない存在だった。

演出?なのかもしれないけれど、平凡な人生を送ってきた教師がある事件をきっかけに平凡じゃない世界に足を踏み入れてしまう。

ああ、なんとまあ妄想広がる話だろう。

でもとりあえずかっこいい人がホントに平凡な人のようにみえる不思議は最後までわからなかった。

オーラって消せるものなのか、いや、でもそういう風にみせる演技も演出もすごい。凄すぎた。

とにかく目が離せなかった。

 

山田くんの美しさにも度胆を抜かれてしまったけれど、殺伐とした日常と相棒とのほんわかほっこりする対照的な生活のシーンとかとても印象に残っている。なにやらそちらの二人の話はコミカライズされているようなので、機会があったら読んでみたい。

映画を観てから少しずつではありますが、原作を読んでいます。

映画との違いを探しながら、なるほどここはこういうことがあったのかと新しい発見をしながら読んでいるので最後まで読むのが楽しみだ。

 

次の映画は、すぐ観に行く予定だ。来年1月9日から始まるピンクとグレー。どんな映画になってるのだろう。気になっている。もう一度原作読み返そうかななんて、思いながら。

グラスホッパー面白かった。

【手越キャスターロス】

手越さんのお誕生日をお祝いしてから、1ヶ月。少しずつ毎日書こうなんて思ってたのに、ほぼ書けてないとか!

ちょっとそれはないわと自分に叱咤して、書きたいことをぶつぶつ書き出して行こうと思います。拙い文章ですが、しばらくお付き合いくださいませ。

世界一決定戦なCWCが終わって数日が経過しました。バルセロナ強かったなぁ。

すごいなぁ。

世界一おめでとうございます。

かなりの素人目ではありますが、いい試合を拝見させていただきました。

12月10日から開幕して、12月20日の決勝まで、16日の広島とリバープレート戦は、諸事情により観戦は出来ませんでしたけれども、それ以外全部の試合をリアルタイムで楽しんだ10日間。

終わってしまって、今日は試合ないのかなとちょっとした放心状態にあります。

 

そんな自分に驚いている。というのも、元々サッカー自体を普段からみることはないし、W杯やオリンピックで盛り上がっている周囲に対し、妙に冷めた目でみてたくらい、これまで一切サッカー観戦などしてこなかった部類の人であります。多分少し知ってる人にこれを伝えたら、怒られるか、もしくは、一体なにが起こったとやっぱり同じく驚かれることは必須なんじゃないかしら。終わってみたら、素直に楽しかった!と感想が言える自分だって、驚いている。もし過去の自分にこれを伝えたって絶対信じてはもらえないんじゃないかと思うくらいです。

まさか、まだまだ浅いファン歴ではありますが、NEWSを好きになって、あろうことか一番遠いであろうサッカーをみることになろうとは、誰が想像出来ただろう。出来るわけもない。

それもこれも、鼻先に垂れ下がったにんじん…もとい手越キャスター。


キャスターのために見始めたはずだったわけですよ。いっそ、みるならサッカーも楽しんでしまえと。そしたら、まーすごいよね。さすが世界一決める大会だよね。どのチームも見始めたら、目が離せなくて、ゴール前までいい感じで攻めて、惜しいとこでゴール入らないと、一喜一憂したりして、気づけばあれ、選手の名前とか少しずつ覚えてしまってる。


とりあえず、MSNは覚えました。Nの人が好みであるようです。


解説の都並さんや城さんや北澤さんなどなど、みなさんとてもわかりやすく解説してくれたことも大きいと思います。

ルールイマイチわかってないからね。オフサイドも待ち伏せ禁止って言われても、どこで待ち伏せしちゃいけないんだろう?(ググろうあとで)

今回CWCで、都並さんが気になるおじさまNo.1だとお伝えしておきます。


ハイライトで、手越キャスターときゃっきゃと選手やチームについて語る姿が微笑ましすぎて、毎日でも見たかった。

始終かわいいと、言おう。

手越キャスター、とにかくかわいい。ツイッター辿るとほぼかわいいとしか毎日呟いてない。それくらい、楽しそうに且つわかりやすく、情報をくれる姿勢に、惚れた欲目だけでなく真摯に伝わってきました。


試合あるなしにかかわらず毎日生放送で、拝めていた手越キャスターがみれなくなってしまったのが、さらに寂しさに拍車をかけています。

毎日、可愛くて、解説の都並さんや城さんその他の方々と大好きなサッカーについて、目をキラキラさせて語る手越さんが眩しくて、寝不足になるのを覚悟でみれる限りはみていましたよ。

とにかく、可愛い。そして、番組の尺にきっかり合わせて終わらせたり、いい質問を投げかけたり、とにもかくにも初心者にもやさしい番組づくりでした。


f:id:banchaya071111:20151223071930j:plain

 ↑ほらみて、かわいい(大丈夫、みんな知ってる)。



キャスター業務だけでなく、アイドル業務もちゃんとNEWSに還元していて、決勝戦前に、テーマソングであるANTHEMを4人で歌って、放送に乗せてくれたことには、大変感謝しております。

日テレさんありがとう。

来年も日本開催なんですよね。願わくばもし、叶うなら、手越キャスターをまた起用して頂いて、お願いですから、テーマソングもNEWSを使って頂けるなら、どうか放送をフルコーラス流して頂きたいと切に願います(これに関しては、多分日テレさんに感謝を述べると共に、要望を出すことも大事ですよね。メールを認めよう)。

ANTHEM、テーマソングとしてまったく遜色なかったし、歌うNEWSの4人がかっこよすぎて、テレビみながら、デレデレしてました。

生でみられるだろうコンサートが楽しみになったので、早くコンサートのお知らせを(気が早い)。


切ない。とりあえず、終わってしまったことが、切ない。

大好きなサッカーをキラキラした目で楽しそうに語る手越キャスターが、みれない毎日が、切ない。


だから、来年もテレビの前で手越キャスターがみられるのを楽しみにしている。


そうだ、ANTHEM聴こう。

 


 

【きみの未来に幸あれ】

手越さん、お誕生日おめでとうございます!

ホントにめでたい!!(もっと、気の利いたこと書ければいいのに、なぜか言葉が出てこない)

10日にフライングでパセラでお祝いしてきました。お祝いハニトー!⬇


f:id:banchaya071111:20151112115752j:plain


朝からシゲ担のお友達とまーよく続くよねってくらいずーっと、NEWSのお話してました。しゃべりすぎた。楽しかった。なんで、こんなにぽんぽんいろんなことで盛り上がれるのか、NEWSすごいよ。

そして、ここでも書き始めるとキリがないっていう現象が起こります。それくらい大好き。

ということで、手越さんのお誕生日に、四銃士MVが解禁されましたね。とにかくかっこいい!その一言につきます。

曲もさることながら、世界観も4人のビジュアルも全部どんぴしゃで、ツボに入ってしょうがない。

早くフルコーラス観たい聴きたい楽しみたい。

目下のところあと2週間指折り数えて待ってますよ。正座待機で(足しびれるね)。

今日解禁された映像をとりあえず繰り返しみて、噛み締めていたいと思います。今日は短いですが、これにて。

【あなたは、どこから?】

このブログを作ろうと思ったのが、気楽にNEWSについてぶつぶつ書いていこうと思っていたからなのに、始めてからというものまだ一つもNEWSについて綴ることが出来てなかったので、一つでも始めましょうか。

というわけで昨日11月7日が、NEWSのデビュー記念日、本日11月8日がまっすーこと増田貴久さんのジャニーズ事務所入所記念日ということで、記念日続きですね。なにはともあれおめでとうございます。これからも仲良く、楽しく、良い歌を。

そんなこんなで、タイトルの「あなたは、どこから?」は、最初に書くのはやっぱ、どこからファンになったかなんてお話かなと思いまして、そんなタイトルにしてみました。

回答は・・・・・・・

「ファーストインプレッションが、2014年の4×9という番組でロケに出ていた末っ子コンビが、とにかく可愛く楽しく目を引いたから。どツボに嵌ったのがKAGUYAです。」

元々、手越さんに関しては、イッテQだったり、しゃばけピカルの定理での女装姿などなど、ちょいちょい見ることが出来ていたので、良い印象だったと嵌った今でも思っています。

そうだ、小山さんのことも大学に通っていたインテリジャニーズだと、知っていたのはかつん担のおかげで、シゲは、失恋ショコラティエで松本さんと共演していたことでそういえばちゃんと認識はしてたはず。まっすーはテゴマスかな。テレビ大好きテレビっ子なので、音楽番組、バラエティなどはよく見たりしてるわけで、そこからの情報から大体の認識はしていました。だからこそ、なんの情報も持っていなかったのに、4×9を見ることができたわけです。

放送が平日だったので、いつもならそこまで起きてないはずが、なぜかZEROから、月曜から夜ふかしをみてそのまま何気なく番組をみていて始まった4×9に釘づけになっていました。

ジャニーズ、身体はりすぎじゃないかと、いいのかい?君たちと冷静に突っ込みを入れていたわけなんですけれども、どんどん番組が進むにつれ、面白くてですね。なぜ途中からでも録画しなかったのか、のちのちすごく後悔しました。思わず、携帯で番組をぱちりと記念に撮っていたいたのが、シゲテゴコンビでした。今でも消さないでとってあります。

ただ、いやいやしながらもちゃんと虫食べてみたりして、普通ならぎょっとするそのロケに全力で取り組んでた姿が印象的で、好感を抱いたきっかけでした。NEWSすごいなと。この人たち楽しいなと。

そして、それから気になって気になって、興味を持って、ちょっとだけ調べてみたら、その末っ子コンビがファーストインプレッションだったので、そのコンビが当たり前だろうと思ったら、あれ?違うの??と驚いたわけです。

今でも思う、違うの??(違うらしい)

 

2014年年末のMステをみてたら、KAGUYAのCMが流れて、新曲出るんだ!とKAGUYAの世界観に食いついちゃったわけで、和テイストにとにかく弱い。それもあとから蜷川さん関連だと知って余計に気になるが倍増しまして、特に予約もせずにリリース日に初回盤Aだけを購入しました。よくよく考えたらその後、CD屋さんで初回盤見かけなかったので、ちゃんとリリース日に買っておいて正解だったのだと気付きました。(予約なしで買おうと思ったことに今から考えればすごい勇気だったなぁ)

これまた、楽曲もMVもツボに入りすぎて、何度リピートしたことか。今も尚、リピートしてるので、余程ツボに入ったようです。そこから薦めて頂いたアルバムLIVEとNEWSを購入これもツボだった。とにかくツボだった。

LIVEは初回盤を購入できたので、特典DVD付じゃないですか。ここで、さらなる衝撃を受けるわけです。

正直、正直ですよ。ジャニーズのみなさんにダンスパフォーマンス以外の素質をこれまで期待していなかった。歌は二の次のものとしてとらえていました。

それが、アコースティックで聴かせてる!!!

これには、やっぱテゴマスの二人がいるのが大きいのでしょうけど、他の四人もまったく遜色なくて、アンプラグドで、安心して聴いてられるって、バンドマンだって、割と数が限られてくるのに、とにかくすごいと思いました。(現在、自分の語彙力の限界に地団駄踏んでます。)ビジュアルも素敵ですしね。名盤でした。

秋の空がとにかく好き。

 

そこからどんどんいろんなものに手を出して、CDとかDVDとか一気に集めました。まーどれもかっこいい。

今年のWhiteツアーもどうにかぎりぎり間に合って参加することが出来て、楽しい二日間を過ごさせて頂きました。

まだ1年足らずなのに、もっと長く応援してるような気分になってるのは、1年がとても濃ゆかったからかもしれません。それもそのちょっと前までは、NEWSさんリリースとかライブとかもなかったというのを知って、今現在こんなにもぽんぽんと情報が飛んでくる毎日を過ごせて、とても楽しいです。

当分追いかけていきそうな予感はしています。まだまだ、お勉強は続きますが(知らないことだらけ)、こつこつひっそりこっそりと応援できたらいいなぁ。

NEWSについて、まだまだ語りたいことはいっぱいなので、少しずつ書いていけたらいいなと思ってます。さて今日はこれにて。